メインコンテンツにスキップt

インドにおける紙の使用量削減

紙の使用量削減

インドのコンシューマーバンキング部門は、新しい口座開設用紙と、クレジットカード、当座預金口座、定期預金口座、個人ローンに関する契約条件の全面的見直しを行い、紙の節約と経費削減を検討しました。

インドの全スタッフが紙の使用量削減計画を実施し、当行の口座開設用紙におけるフィールド数と当行の諸条件のページ数を削減する一方、使用用語の平易化を図り、お客様により分かりやすい表現にしました。

インドにおける紙の使用量削減キャンペーンの詳細

 

当座
預金口座
定期
預金口座
小売住宅
ローン
個人
ローン
クレジット
カード
口座開設用紙

チェック

チェック

チェック

チェック

チェック

諸条件

チェック

チェック

チェック

チェック

X

このプロジェクトにより、当行の口座に関する文書が簡略化され、インドにおける紙の消費量が20パーセント削減されました。また、この新しいプロセスにより、スタッフがお客様へのサービスのレベルを向上できるようになる一方、お客様にとっては申込書の記入や契約条件の確認に費やす時間を減らせるというメリットが生じました。

最近の顧客満足度調査によりますと、「文書の数と口座開設用紙の記入のしやすさに満足しましたか?」という質問に対し、インドのお客様の90パーセントが、8、9、10点(最高10点)をつけています。

コンシューマーバンキング部門は、こうした紙の使用量削減キャンペーンを15カ国で立ち上げ、2011年までには当行の中核地域のすべてで実施する予定です。

紙の使用量削減キャンペーンの実施対象となる市場

アジア アフリカ 中東
バングラディッシュ
中国
香港
インド
韓国
パキスタン
台湾
ガーナ
ケニア
ナイジェリア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
タイ
アラブ首長国連邦

報告ツール

2009年度年次報告