メインコンテンツにスキップt

米国における不正防止対策

米国における不正防止対策

当行のニューヨーク・オフィスには、インターネット経由で詐欺行為の一部とされるいかがわしい接触を受けたという一般の人たちからの問い合わせがよくあります。当行の現地の金融犯罪リスクチームは、接触を受けた者が犯罪者に送金することのないように働きかけ、かりに送金してしまった場合でも、警察に届け出て回収を試みるように助言しています。当行では詐欺を企む者の氏名を選別システムに登録しており、これにより疑わしい支払いを差し止め、犠牲者の発生を未然に防いでいます。

報告ツール

2009年度年次報告