メインコンテンツにスキップt

モバイルバンキング

モバイルバンキング

当行の現在のモバイルサービスには、以下に示す通り幅広いカテゴリがあります。

1. ショート・メッセージ・サービス(SMS)・アラート:SMSアラートは、小切手の精算や給与振込といった処理の進行状況や、支払い期限など当面の予定をお客様に通知するもので、お客様の方でサービスレベルを選択します。

2. SMSバンキング:指定されたフォーマットでSMSを送信することにより、お客様は、残高の問い合わせや新しい小切手帳の請求など、特定の口座関連情報を請求することができます。

3. USSDバンキング:アフリカ市場でのみご利用いただけるサービスで、口座情報を請求するだけでなく、金融取引を実行することもできます。USSDテクノロジーは、メニュー方式になっていて使いやすく、高い普及率を誇ります。

4. モバイルブラウザベース・バンキング:お客様が携帯電話のブラウザを使用してオンライン・バンキングにアクセスできるサービスです。ワイヤレス(Wi-Fi)接続またはGPRS(汎用パケット無線システム)機能を備えた携帯電話があれば、すべてのオンライン・バンキング機能を実行することができます。

モバイルバンキングの主な利点:

  • お客様が24時間いつでも自分の口座にアクセス可能
  • 取引が抜群に便利
  • お客様の口座における不審な取引をいち早く通知
  • 紙の使用量を削減

これらのサービスが、今では広く浸透しています。12月末までにモバイルバンキング・サービスに登録されたお客様は約130万人に迫りました。

モバイルバンキングは、銀行インフラが限られており、インターネットの普及率が低いアフリカで特に人気があります。アフリカでは54,000人近くが登録しており、主に口座情報の参照と資金の振替に利用しています。普及率は40パーセントを超えており、アフリカのほとんどの市場でインターネットの普及率を上回っています。

報告ツール

2009年度年次報告