メインコンテンツにスキップt

不正や汚職と闘う

不正や汚職を減らすプログラムでは、従業員が内密に、且つ安全に、疑念を提起できるかどうかが重要な要素となります。ここ数年、「はっきりと意見を言う」プログラムは成功を収めてきました。

2010年初めに開始する予定で新しいプログラムが開発されました。多言語のWebベースのメッセージング・システムや国際無料電話サービスを通じて、行員によるアクセスが一段と容易になります。汚職防止対策上のベストプラクティスに向けたコミットメントの一環として、「はっきりと意見を言う」プログラムへのアクセスを外部サービス提供業者やベンダーにも拡大します。

米国における不正防止の取り組み

ケーススタディ-米国における不正防止の取り組み

当行のニューヨーク・オフィスには、インターネット経由で詐欺行為の一部とされるいかがわしい接触を受けたという一般の人たちからの問い合わせがよくあります。

詳細

韓国における「ボイス・フィッシング」詐欺

ケーススタディ-韓国における「ボイス・フィッシング」詐欺

韓国では犯罪シンジケートが電話とテキストメッセージを使用して、一般市民にATMを使って指定口座に送金するよう誘っています。

詳細

ホールセール・バンキングのディレクターの所見

ケーススタディ-ナイジェリアにおけるカード詐欺

当行のナイジェリア支店の1つで発見された8万ドルの詐欺事件は、同国の経済金融犯罪委員会(EFCC)によりテレビ放送に紹介されました。

詳細

腐敗と闘う

ケーススタディ - 汚職と闘う

当行は他の国際銀行とともに、アフリカの銀行の代表者に対し、法規制遵守のベストプラクティス(最良実施例)に関する会議に出席しました。

ケニアにおける汚職との戦い

ケーススタディ - ケニアにおける汚職との戦い

6ヶ月の間、当行のケニヤ金融犯罪リスクチームは様々な経歴を持つ80人超の新人捜査員を訓練しました。

詳細

報告ツール

2009年度年次報告