メインコンテンツにスキップt

ガバナンス

不正とマネー・ローンダリングの間にはつながりのあるケースが多いため、
金融犯罪への対策は注意深く計画し、調整する必要があります。その意味では、当行のモニタリング・システムは広範囲の疑わしい取引を対象に捉えることができます。しかし、業界のベストプラクティス(最良実施例)および常に流動的な規制機関からの要請との連動を期するため、当行には明確に規定されたガバナンス構造があります。その中心は、グループ金融犯罪リスク委員会であり、3ヶ月ごとに会議が開かれ、資産・調査・アシュアランス担当のダイレクターが議長を務めます。

同委員会は、新たに出現するリスクおよび規制機関からの新たな要請に沿って情報提供される金融犯罪との闘いのため、全体的戦略を立てます。戦略の進捗状況は、機能、ビジネスおよび地理的レンズを通して調べられます。

governance_tfc

報告ツール

2009年度年次報告