メインコンテンツにスキップt

鉱山を調査する鉱山技師

持続可能な金融サービスの促進

当行は今年度、世界経済情勢の厳しさにもかかわらず堅固な業績を計上いたしました。銀行業務の基本に立ち返ることが、持続可能な金融サービス制度の確立を目指す当行のフレームワーク(枠組み)と戦略の実現化に向けた原動力となっています。この姿勢を貫くことで、当行は競合他行に対して優位なポジションを保持しています。当行に競争優位をもたらしています。

  • クレジット・クオリティーの保持:13項目から成るポジション・ステートメントと、赤道原則の継続的実施により、融資活動に関わる環境・社会リスク、およびガバナンスリスクを管理しています。取引企業の返済能力は、インフラ計画に対する地域社会の支持獲得、乏しい水資源の管理、そして気候変動に影響を与える炭酸ガス排出量の削減にも左右されます。私たちは、取引企業との関係を絶えず深めることによって、クリーンで資源効率に優れ、信頼できる経営手法への進展を促します。
  • コスト抑制策の支持:私たちは、ホールセール・バンキングおよび中小企業(SME)チームの従業員が、融資判断における環境・社会リスクおよびガバナンスリスクの管理に関する知識と技術を育めるよう、今後もこの分野に引き続き投資します。
  • バランスシートの強化:私たちは、高い流動性と豊富な資金、そして各地域および各業界における存在感を活かして、先進国から当行営業地域内の新興市場へと技術・知識を移転するための資金を提供し、アジア、アフリカおよび中東地域諸国の低炭素経済への移行を円滑に進めます。

報告ツール

ハイライト

13

公開されたセクター・ポジション・ステートメントの数

3,302

持続可能な金融サービスについてトレーニングを受けた従業員数

360億ドル

再生可能エネルギー市場に投じられた金額

2009年度年次報告