メインコンテンツにスキップt

当行のアプローチと進捗

2009年度目標 状況 業績
ポジション・ステートメント13項目の実践と関連手続きに関する外部ステークホルダーとのかかわり 完了
  • NGOおよび社会的責任投資家(SRI)との連携を維持し、フィードバック・セッションを開催 
  • 欧州にて環境・社会リスクに対する当行の取り組みを説明するためのSRI向け説明会を主催 
  • AsrIA(アジア地域における持続可能な社会責任投資活動の振興を目的とする協会)のメンバーに向け、環境・社会リスクに対する当行の取り組みに関する情報を提供 
  • 赤道原則および当行のポジション・ステートメントを含む環境・社会ガバナンスについて、中国の銀行に向けて教育機会を提供
再生可能エネルギーおよび環境金融戦略の実施 進行中
  • 業界規模のプロジェクト融資およびコーポレート・バンキング・ワーキング・グループの会長を務める 
  • 気候原則の運営委員会に引き続き継続 
  • 業界規模のコーポレート・バンキングおよびプロジェクト・ファイナンスの開示要件ドラフトを策定 
  • 気候原則のメンバー増大のための他の金融機関との連携・教育セッションを実施
当行としての再生可能エネルギーと環境金融に関する戦略実施 進行中
  • REEFチームが、エネルギー効率、炭素、水、および廃棄物を網羅する環境金融事業分野にまで対象範囲を拡大 
  • REEFチームが、コーポレート・ファイナンス、レバレッジ・ファイナンス、およびプリンシパル・インベストメントにまで商品群を拡大
  • アジア、米国、および欧州における戦略的方針およびソート・リーダーシップ・イニシアティブに参加
  • 36億ドルを投じてクリントン・グローバル・イニシアティブ公約を推進
上級管理職の間で環境と気候の変動に関する当行のソート・リーダーシップを強化 進行中
  • 気候変動に応じた弾力的な発展を研究する「気候変動に適応するための経済学(ECA)」作業部会などの国際的な方針討議の場、水不足の問題を分析する研究グループである水資源研究グループへの寄付
新興市場の銀行における、持続可能なリスク管理のための能力育成支援 完了
  • 中国の環境省、中国銀行業監督管理委員会, 中国人民銀行、および中国工商銀行の代表で構成される使節団に、中国の銀行間での貸付における環境・社会ガバナンスの推進とを目的としたトレーニングを実施

2010年度優先事項

  • 水に関するポジション・ステートメントの始動と実施
  • 環境・社会リスクに対する当行の取り組みに関して従業員を対象としたトレーニングを拡充
  • 金融機関選定のための2009年度進捗状況報告書の一般公開
  • プロジェクト・ファイナンスおよびコーポレート・バンキングの開示要件の最終決定
  • 気候原則の充足に関する当行の進捗状況の報告
  • 戦略的方針およびソート・リーダーシップ機関との関係継続
  • 廃棄物のエネルギー転化、太陽光、風力、および水力発電といったコアセクターにおける市場シェアの拡大
  • 中国、インド、中東、北アフリカ、南アフリカ等のコア市場におけるシェアの拡大
  • 上級管理職に対する、持続可能な金融サービスを促進するための資料、ツール、およびトレーニングの提供

報告ツール

2009年度年次報告