メインコンテンツにスキップt

ポジション・ステートメント

ポジション・ステートメント(基本方針説明書)は、個々のセクターに関するガイドラインとなるもので、当行のホールセール・バンキングおよびSMEバンキング業務全体に適用されます。

当行では2008年に、環境・社会リスクが高いされるセクターや、特定の問題を抱えるセクターにある取引企業に対し金融サービスを提供する際の当行としての取り組み姿勢を13項目のポジション・ステートメントという形でまとめました。

2009年には、取引企業への適切な社会・環境の管理方法に関する指針提供、サステイナビリティ(持続性)に対する当行のコミットメント促進のために、このポジション・ステートメントを公開しました。

当行のポジション・ステートメントは、バイオ燃料、ダム、林業およびパーム油、化石燃料発電、鉱業および金属、原子力発電、石油およびガス、船舶解体、タバコ、および有害物質の輸送という11のセクターに加え、気候変動および児童労働という2つの問題を網羅しています。

当行ではその後、水の問題を網羅する14番目のポジション・ステートメントを策定し、2010年3月にこれを公開しました。

新興市場に重点を置いた結果、私たちは、金融サービスの提供と環境・社会リスクの評価の面で、一部の地域市場で所要基準に相違が生じ得ることが分かりました。国際基準の一貫性を確保するために、当行は、国際金融公社の(IFC)パフォーマンス基準と総合健康安全ガイドラインを、金融サービスを提供する際の参考基準として選択しました。いずれも、多くの産業セクターに適用できる有力な基準とされており、自国の法令が妥当な国際基準とみなされない新興市場経済諸国では特に有用です。さらに、IFCパフォーマンス基準は、赤道原則など当行のリスク管理フレームワークの他の側面とも整合しています。

PDFでダウンロード(37 KB)

高リスクのセクター向け当行のエクスポージャーとこのポジション・ステートメントとの間の適合性を堅持するため、当行では毎年、エクスポージャーを追跡調査しています。当該エクスポージャーを以下に示します。

ホールセール・バンキング部門におけるセクター別エクスポージャー

  2009
  香港 シンガポール 韓国 その他アジア・太平洋諸国 インド 中東および他の南アジア諸国 アフリカ 米州・欧州(英国を含む) 合計
  100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル 100万ドル
個人向け融資                  
不動産担保ローン 14,816 8,149 20,460 11,016 1,685 1,128 212 171 57,637
その他 2,971 4,957 4,951 5,012 772 2,396 678 835 22,572
中小企業 1,641 2,370 4,024 3,258 1,255 636 113 1,074 14,371
コンシューマー・バンキング 19,428 15,476 29,435 19,286 3,712 4,160 1,003 2,080 94,580
農林水産業 16 81 25 351 75 150 613 630 1,941
建設 274 49 370 350 342 797 116 234 2,532
商業 2,508 4,819 939 3,612 861 5,103 765 4,472 23,079
電気、ガス、水道 538 53 188 523 31 371 239 1,395 3,338
金融、保険、 2,319 4,150 668 4,515 543 4,013 174 5,406 21,788
ビジネスサービス 0 0 0 0 0 0 0 0 0
官公庁 0 966 344 3,256 1 250 34 315 5,166
鉱業および採石業 120 569 3 280 139 185 172 4,941 6,409
製造 2,586 1,061 3,369 7,794 2,485 1,857 685 5,735 25,572
商業用不動産 1,274 2,275 997 908 360 672 4 518 7,008
運輸、倉庫、通信 579 1,438 310 1,024 399 1,115 258 4,323 9,446
その他 397 507 268 296 6 234 21 62 1,791
ホールセール・バンキング 10,611 15,968 7,481 22,909 5,242 14,747 3,081 28,031 108,070

報告ツール

2009年度年次報告