メインコンテンツにスキップt

鉱山を調査する鉱山技師

持続可能な金融サービスの促進

当行は今年度、厳しい世界経済情勢にもかかわらず、力強い業績回復を見せました。銀行業務の基本を重視することが、持続可能な金融を確立するために当行が採用した枠組みと戦略の構成要素であり、特徴でもあります。この姿勢は、次の点で当行に競争優位ももたらしています。

  1. 高いクレジット・クオリティーの維持 –ポジション・ステートメント13項目と、赤道原則を引き続き実践することにより、当行の融資活動に関わる環境・社会リスク、およびガバナンス・リスクを管理します。取引企業の返済能力は、インフラ計画に対する地域社会の支持獲得、乏しい水資源の管理、そして気候変動に影響を与える炭酸ガス排出量の削減に左右されます。私たちは、取引企業との関係を絶えず深めることによって、クリーンで資源効率に優れ、信頼できる経営手法への発展を促します。
  2. コスト抑制策の支持 - 私たちは、ホールセール・バンキングおよび中小企業(SME)部門の担当者が、融資判断における環境・社会リスクおよびガバナンスリスクの管理に関する知識と技術を育めるよう、今後もこの分野に引き続き投資してまいります。
  3. バランスシートの強化 – 当行は、高い流動性と豊富な資本、そして広範な地域・業界における確固たるプレゼンスを生かし、先進国から当行が事業拠点を置く新興市場に技術・専門知識を提供するための資金提供を行い、アジア、アフリカおよび中東地域における低炭素経済への移行を円滑に進めます。

報告ツール

2009年度年次報告